PageTopへ

東京マルイ 次世代電動ガンMK18 モッド1を徹底紹介!気になる特徴や性能についても解説

東京マルイ マーク18モッド1は2019年2月に発売された次世代電動ガンです。

 

最大の特徴はSOPMOD brock2と呼ばれるRIS2タイプのダニエルディフェンス製ピカティニー4面レールを搭載していることろです。

 

東京マルイはこのRIS2の搭載にあたり、ダニエルディフェンス社とライセンス契約を結んでいます。

 

これまでマーク18モッド1をエアガンで再現する場合は特殊部隊が大好きなコアなファンが海外製コンバージョンキットを組み込むか、

 

VFCなどの海外製電動ガンを購入するしか方法はなかったのですが、

 

この度、東京マルイがシュート&リコイルとオートストップ搭載の次世代電動ガンのクオリティーでモデルアップしました。

 

これにより、命中精度の高い安定したパフォーマンスを見せるマーク18モッド1が、一般的なサバゲーマーにも購入できるようになったのです。

 

次世代電動ガン MK18 モッド1とは?

 

全長 715 mm / 790 mm(ストック伸長時)
インナーバレル長 275mm
重量 3,210 g(空マガジン、バッテリー含む)
装弾数 82/30発 (ノーマルマガジン)

430発 (多弾マガジン)

メーカー希望小売価格 69,800円(税別)

 

マーク18モッド1を初めて見たサバゲー初心者の方は、「M4A1 SOPMODと何が違うの?」と感じた方が多いのではないでしょうか。

 

実際、この2つのアサルトカービンの違いは、素人目にはほとんど見分けがつかないでしょう。

 

乱暴な言い方をすれば、アメリア陸軍特殊部隊の使うM4A1SOPMODをベースに、アメリカ海軍特殊部隊の改修を加えたものが、

 

マーク18モッド1カービンと思っていても的外れな考え方ではないのです。

 

事実、公式に「マーク18モッド1カービン」の存在を示す公的文書は見つかっていないとされ、加えて特殊部隊装備は機密事項に当たるため、正確な情報を得るのが難しいのです。

 

東京マルイではその数少ない資料を基に、マーク18モッド1を次世代電動ガンとして再現しました。

 

次世代電動ガン MK18 モッド1の特徴

東京マルイの次世代電動ガン マーク18モッド1には、

 

ダニエルディフェンス社とライセンス契約を結んで再現したRIS2ハンドガードによる拡張性の向上、

 

残弾0でユニットの作動が停止するオートストップ機能、

 

撃つ度に振動で肩を震わせ実銃を撃っているような感覚を疑似体験させる「シュート&リコイル」といった特徴があります。

 

(特徴①ダニエル・ディフェンス社正式承認RIS2レイルハンドガード)

東京マルイの次世代電動ガンマーク18モッド1はM4A1 SOPMODの発展型であり、

 

M4A1 SOPMODとの一番の違いはBROCK2と呼ばれる米ダニエルディフェンス社のRIS2レイルハンドガードを搭載していることです。

 

この4面レールのRIS2ハンドガードはピカティニーレイルに準拠しており、同規格のアクセサリーなら無加工で取り付けられます。

 

そしてこのRIS2ハンドガードはガタ付きが一切ない1ピース構造でレシーバーと強力に接合しており、非常に高い剛性です。

 

またハンドガード根本にはCQDタイプのスリングスイベルが装着されていてマーク18モッド1の携帯性を向上させています。

 

東京マルイはこのRIS2ハンドガードの搭載のため、ダニエルディフェンス社の正式ライセンスを取得しています。

 

(特徴②KACタイプフリップアップ フロント/リアサイト)

東京マルイの次世代電動ガンマーク18モッド1がM4A1 SOPMODから発展したもう一つのポイントが、

 

KAC(Knight’s Armament Co.)タイプのフリップアップ式のフロント/リアサイトです。

 

このKACタイプのフリップアップサイトが搭載され始めたのは HK416D DEVGRUカスタムあたりからなのですが、

 

DEVGRUカスタムのリアサイトが600mタイプの上下調整機能付きであるのに対して、

 

マーク18モッド1のリアサイトは、調整ダイヤルなしの300mタイプです。

 

バレル長が10.3インチで、リアサイトが300mタイプであることから市街地でのCQBを重要視した仕様になっていることが考えられます。

 

ちなみにマーク18モッド1のフリップアップリアサイトは、フロントがタンカラーベース、リアがブラックベースという色合いで、外見上のアクセントにもなっています。

 

(特徴③10.3インチ長のCQB向けアウターバレル)

先ほど東京マルイの次世代電動ガン マーク18モッド1がCQB向けに振っていると書きましたが、それはバレル長からも伺えます。

 

通常のM4A1のバレル長が14.5インチ、東京マルイのM4A1系最新形態のURG-Iの最短モデルが11.5インチバレルであるのに比べると、

 

マーク18モッド1の10.3インチバレルの方が狭いエリアの近接戦闘では、より取り回しがやりやすいサイズと言えます。

 

そしてこれは個人的な感想なのですが、M16から受けつがれてきた三角状のフロントポストサイトがなくなったことも、

 

M4A1よりスッキリとした外観であるという印象を与えるのに一役買っているのでしょう。

 

そして、ハンドガード内部のアウターバレルにはガスブロックとガスチューブも再現されているのも、リアル志向の強いユーザー向きだと言えるでしょう。

 

(特徴④スチールプレス製マガジンと残弾0でオートストップ機能)

東京マルイの次世代電動ガン マーク18モッド1には実物をイメージさせるスチールプレス製アウターケースのマガジンが付属しています。

 

このマガジンのリアルさは外観ばかりではありません。

 

このマガジンには装弾数を実銃と同じ30発に設定できる切り替えスイッチが内部に設けられています。

 

そしてマーク18モッド1に搭載されている「残弾が0になるとユニットの作動が停止する」オートストップ機能と組み合わせると、

 

常に30発でリロードが必要な実銃と同じ戦い方を楽しめるのです。

 

東京マルイがマーク18モッド1のユーザーとして対象にしているのは、

 

「実銃を手にしたい、綿密な調査と考証から生まれる商品から伝わるリアルな世界を楽しみたい」という気持ちで電動ガンを扱っている人達も含まれています。

 

こういったコアなファンに対して次世代電動ガン マーク18モッド1のオートストップ機能と30発装弾切り替えスイッチは、

 

リアル志向のユーザーたちをより楽しませてくれるでしょう。

 

(特徴⑤シュート&リコイルエンジン搭載)

「シュート&リコイル」の目的は、ガスブローバックを撃った時のようなリコイルを、1年中パフォーマンスが安定した電動ガンで再現することです。

 

その仕組みは、 マーク18モッド1のストックチューブ内に納められたリコイルウェイトをユニットの動きに連動させるシステムです。

 

BB弾の発射の度にストックチューブ内を重さ250グラムのリコイルウェイトが前後に動くことで、肩にガツン!という振動が伝わってきます。

 

次世代電動ガン マーク18モッド1の「シュート&リコイル」機能は、実銃のようなリアルさを求めるユーザーを楽しませてくれるでしょう。

 

次世代電動ガン MK18 モッド1の実射性能

東京マルイ次世代電動ガン マーク18モッド1の実射性能を初速、集弾性、実射動画を見て感じた操作感などをお伝えします。

 

次世代電動ガン MK18 モッド1の初速

東京マルイの次世代電動ガン マーク18モッド1の初速は平均で90m/s台という高いものです。

 

近接戦闘がメインのCQB仕様と言ってもいい電動ガンなので、平均90m/s台の初速でも十分な性能と言えます。

 

次世代電動ガン MK18 モッド1の集弾性

東京マルイの次世代電動ガン マーク18モッド1の集弾性は、これまでの東京マルイのエアガンと同様に素晴らしいものです。

 

0.2gBB弾使用の時で、30mならヘッドショットがほぼ完璧に、40mなら人間の上半身大のターゲットにほぼ命中します。

 

これは完全フリーフローティングバレルのRIS2と、アルミダイキャスト製の高剛性レシーバーによるものでしょう。

 

次世代電動ガン MK18 モッド1の性能を動画で確認

東京マルイ次世代電動ガン マーク18モッド1を見た第一印象は「レイルハンドガードが大きい!」と思ったことです。

 

最近は見かけるM4系アサルトライフルの殆どがM-LOK仕様の細身のハンドガードなので、ピカティニー4面レイルがとても大きく感じます。

 

その他の外見の印象は、ストックとKACタイプのフロントサイトがFDEカラーでハンドガードがダークブラウン風の色合い、

 

レシーバーやバレルがセラコート風のマットブラックという色使いも、ブラック一色の他のM4電動ガンと比べると印象的です。

 

初速も90m/s台で安定しており、これだけ初速変化が少ないと着弾点もまとまりやすいでしょう。

 

 

 

次世代電動ガン MK18 モッド1の口コミ・レビュー

東京マルイの次世代電動ガン マーク18モッド1はダニエルディフェンスのハンドガードの良さを実感できる電動ガンだと言えます。

 

電動ガン自体の性能は、これまでのM4系次世代電動ガン同様にサバゲーで使うには十分な実力を見せてくれます。

 

特に命中精度に関しては、RIS2のフルフローティングバレルとアルミダイキャスト製のレシーバーの高剛性でほぼ狙った所に着弾させられます。

 

ちなみに20mでの集弾性は70㎜に集まるほどの高い命中精度です。

 

本体重量は3.2㎏ほどですが、次世代系M4としてはほぼ平均的な重さなので、人並みの体力があれば苦には感じないでしょう。

 

次世代電動ガン MK18 モッド1の買取はガンコレクトへ

東京マルイの次世代電動ガン マーク18モッド1は、特殊部隊が好きなファンをターゲットにした製品です。

 

そのなかでもマーク18モッド1は、M-LOK仕様のハンドガードを搭載した比較的最新のモデルです。

 

もちろんサバゲ―ユーザーやガンマニアも納得のいくスペックですので、どんな人にもおすすめできるエアガンと言えます。

 

エアガン通販買取サイト「ガンコレクト」では、マーク18モッド1の価値を適正に評価できるスタッフが査定いたします。

 

マーク18モッド1の売却をお考えの方は「ガンコレクト」をぜひご利用ください。

 

東京マルイ 次世代電動ガン MK18 モッド1の参考買取価格 ¥28,000