PageTopへ

東京マルイ ガスブローバックガンデザートイーグル.50AEを徹底紹介!気になる特徴や性能についても解説

東京マルイの「デザートイーグル.50AEハードキック」は2003年に発売されたガスブローバックガンです。

 

旧型デザートイーグルのブローバックエンジンをアップデートしてリコイルをより強力に、ハードキックに恥じないリコイルを体験させてくれます。

 

ガスブローバックガン デザートイーグル.50AEとは?

 

全長 270mm
インナーバレル長 136mm
重量 1,110g
装弾数 27+1発 
メーカー希望小売価格 15,800円(税別)

 

デザートイーグルは、アメリカのM.R.I.リミテッド社が発案し、イスラエルのIMI社とマグナムリサーチ社が生産している自動拳銃です。

 

50AEは、発売当時、最強の威力を持つハンドガンカートリッジとされており、現在でも一般販売されるハンドガン用カートリッジとしては最大級のパワーを持っています。

 

よく誤解されるのが「イスラエル軍に制式採用された」と思われていることですが、

 

50AEは銃本体も弾薬も軍隊に多量に支給するにはコストがかかりすぎるので、軍に採用された実績はないでしょう。

 

東京マルイはこのデザートイーグルを2003年からガスブローバックガンとして発売しています。

 

ガスブローバックガン デザートイーグル.50AEの特徴

東京マルイのデザートイーグルはデカイ、重い、ガスの大食らいと評価する人もいますが、

 

そのデメリットを差し引いても撃っていて楽しいブローバックガスガンです。

 

ここではその楽しさを支えているデザートイーグルの特徴をご説明します。

 

(特徴①「決して片手では撃たないでください」と言われるハードキック)

東京マルイのデザートイーグルは、マルイのガスブローバックガン史上最強のリコイルを体験させてくれます。

 

その強烈なリコイルの元となるのは、旧型に比べて23%ボアアップした金属製ピストンの新型ブローバックユニットとボアアップシリンダーにより、

 

リコイルショックを増大させたことによります。

 

実は東京マルイのデザートイーグルには1994年に発売した『デザートイーグル .50 AE』と旧型と、

 

2003年にバージョンアップした現行モデルがあり、リコイルショックを増大させたのは「ハードキック」のコピーが付けられている現行機種です。

 

さすがにメーカー広告の「片手では、撃たないでください」は大袈裟かもしれませんが、

 

スライドスピードが速く、手の平にガツンとくる重たいリコイルはガスブローバックのハンドガンとしては最大級のリコイルが味わえるといってよいでしょう。

 

これはガス容量の多い大型のマガジンと、前述した金属製ピストンの新型ブローバックユニットとボアアップシリンダー、

 

そして500gもあるスライドの後退モーメンタムによるものでしょう。

 

(特徴②撃っていて楽しい撃ち味)

東京マルイのデザートイーグルの特徴の2番目は「楽しい撃ち味」です。

 

ハードなリコイルに病み付きになって連射しがちですが、リコイルの強さゆえに着弾が乱れやすくなります。

 

そのため一見ネタ銃のようにも感じますが、マルイならではの命中精度の高さは確保されているため、サバゲーでの使用も十分に可能です。

 

またお座敷シューターのように実射性能をあまり重視しない方にとっては、唯一無二の魅力を持ったエアガンといえるでしょう。

 

(特徴③リアルな操作性)

東京マルイのデザートイーグルが使いにくいのは強烈なリコイルによる連射のしにくさだけではありません。

 

あまりにも大きなハンドガンであるため、ほとんどの操作を両手でせざるおえないのです。

 

まず、ではどんなことが使いにくのかと言えば、まず太いグリップが挙げられます。

 

東京マルイのデザートイーグルは50.A.E弾モデルをモデルアップしているのですが、

 

この50.A.E弾はセミオートハンドガンのカートリッジとしては限界とも言えるほどの大きさなのです。

 

このデカいカートリッジを装填したマガジンを入れるためにグリップもかなり太くなっています。

 

手の小さな方や女性などにとって、このデザートイーグルのグリップはオーバサイズに感じるでしょう。

 

また、セフティーレバーはスライド後方、ハンマーのすぐ近くにありますが、この位置の悪さにより、片手でのロック操作は諦めたほうがいいでしょう。

 

とにかく重くてデカイので、ハンドガン戦ならともかく、普通のサバゲーでのサイドアームズにはあまり向いてません。

 

(特徴④IMI社正式ライセンス)

東京マルイのデザートイーグルは、実銃メーカーであるIMI社と正式ライセンス契約を結んでいるため、リアルな刻印が魅力です。

 

特にグリップのロゴやサイズは実銃をもとに忠実に実現されています。

 

また外部の刻印やロゴ以外でも、内部メカも実銃を参考に最適化されたメカニズムとなっています。

 

実銃のデザートイーグルは作動方式に「ガスオペレーション」によるショートストロークピストンを採用。

 

閉鎖方式にはM4A1やHK G36シリーズと同様の「ロータリー・ボルトロッキング方式」が用いられています。

 

東京マルイのデザートイーグルのスライドを引くと、「ロータリー・ボルト」のマイクロ・ロッキングリセスが確認できるでしょう。

 

現在のセミオートハンドガンはブローニング式ショートリコイルがほとんどなので、

 

ウィルディー・マグナム以来のデザートイーグルのガス圧作動式ロータリー・ボルトの再現は、十分に特徴的だと言えるでしょう。

 

(特徴⑤豊富なバリエーション)

東京マルイのデザートイーグルには様々なバリエーションが用意されています。

 

まず、仕上げとしては定番のブラックと、スライドとフレームがクロームメッキ仕様になっているクロームステンレスモデルがあります。

 

その他にも限定品ながらもバイオハザードとのコラボモデルがあり、10インチバレルモデルやカスタムグリップ装着モデルも人気です。

 

ただし10インチバレルモデルであってもインナーバレルが6インチモデルのままとなっています。

 

これはオリジナルのデザートイーグルの初速が十分に高いことが理由でしょう。

 

また、デザートイーグルの専用ホルスターにはこれまでショルダータイプが主流でしたが、現在ではCQCホルスターも販売されています。

 

ガスブローバックガン デザートイーグル.50AEの実射性能

東京マルイのデザートイーグルの実射性能は、他のブローバックガスガンとは一線を画したスペックがあります。

 

特にデザートイーグルの初速は電動ガンに迫る高さがあるので、この初速を中心に実射性能をご説明します。

 

ガスブローバックガン デザートイーグル.50AEの初速

東京マルイのデザートイーグルの初速は、ガスブローバックガンとしてはかなり高いほうで、気温17度ながら平均初速81m/sをマークします。

 

これば電動ガンに匹敵するパワーと言えます。

 

また夏場のマガジン温度が35度という条件では、92m/s(0.2g)という初速もでます。

 

これはもはや次世代電動ガンの領域と言っていいでしょう。

 

この初速ならブッシュを貫通する威力は、ガスガンであるデザートイーグルの方が高く感じるかもしれません。

 

ガスブローバックガン デザートイーグル.50AEの集弾性

東京マルイのデザートイーグルの集弾性は他のガスブローバックガンに比べると散らばる傾向にあります。

 

初弾は他のハンドガンと同じように狙ったところに着弾するでしょう。

 

問題は強烈なリコイルの後の2発目からです。

 

デザートイーグルのリコイルが東京マルイのハンドガン内でも一番強烈なのは前述した通りなのですが、

 

この激しいリコイルショックの影響で狙いがブレるせいか、集弾性はそれほど高くありません。

 

ただし、元々の弾道特性は東京マルイらしく素直なので、マズルジャンプを制御できれば、そこそこの集弾性を見せてくれます。

 

また、大型マガジンのおかげで気化ガスによる温度低下の影響も少なく、他のハンドガンに比べて着弾点の低下は少ないでしょう。

 

ガスブローバックガン デザートイーグル.50AEの性能を動画で確認

東京マルイのデザートイーグルの実射の様子を動画で見た時にまず感じるのが、迫力の凄さです。

 

大きな発射音を響かせ、巨大なスライドが凄いスピードでブローバックする様子は、他のハンドガンでは感じない迫力を感じます。

 

また、スチールプレートを撃った時に跳ね返る跳弾の勢いからも、このデザートイーグルの威力の高さが伺えます。

 

動画内で初速チェックをしていますが、連射してもマガジン内のガスの気化スペースが大きいためか、連射による初速変化も他のハンドガンに比べて少なく安定しています。

 

また、他のハンドガンと違い、ホップ調整にスライドの通常分解が必要なく、

 

スライドを引いてチャンバー部のカバーをずらすだけでホップ調整ができるのもおすすめできるポイントです。

 

 

ガスブローバックガン デザートイーグル.50AEの口コミ・レビュー

東京マルイのデザートイーグルは一言で言えば「サバゲーでは使いにくいが異常に楽しいブローバックハンドガン」だと言えます。

 

使いにくいと言われる理由はホルスターなどのアクセサリーが少ないことと、本体重量が1㎏オーバーと重たいことです。

 

1㎏以上ものハンドガンを一日中腰に下げていると、それだけでかなりの体力を消耗します。

 

また、この重たい銃を片手で撃ち続けることはかなり厳しく、よほど腕の筋力が強い人以外は連射時には負担に感じるでしょう。

 

しかし、そういった使いにくさを感じながらも、撃った時の大きな発射音、無駄に強い手の中で踊るような激しいリコイルの楽しさの虜になるのが、デザートイーグルの魅力です。

 

おそらく、このデザートイーグルの楽しさを一番堪能できるのが、ハンドガン戦でしょう。

 

ガスブローバックガン デザートイーグル.50AEの買取はガンコレクトへ

デザートイーグルは外連味の効いた見た目から多くのメディアに登場しているため、銃器に詳しくない一般人からも認知度の高いハンドガンです。

 

そのため、東京マルイ以外のメーカーから製品化されています。

 

東京マルイの旧デザートイーグルが発売されていた当時には、競合作としてウェスタンアームズからもマグナブローバックのデザートイーグルが発売されていました。

 

現在ではカタログ落ちしているモデルですが、リコイルの強いマグナブローバック版デザートイーグルと併せて非常に話題を読んだモデルとなっています。

 

また、海外製ではサイバーガンブランドのWE製デザートイーグルが2021年にリリースされて、発売後すぐに完売となりました。

 

このように現在でもデザートイーグルの人気は衰えていません。

 

もしお手持ちのデザートイーグルの売却をお考えなら、デザートイーグルの魅力を知り尽くす専門スタッフが査定するエアガン通販買取サイト「ガンコレクト」をご利用ください。

 

ガンコレクトなら、送料着払いでエアガンをお預かりした後に、丁寧で確実な査定をいたします。

 

東京マルイ ガスブローバックガンの参考買取価格 ¥8,000